買い取りと下取りの違い

「下取り」と「買い取り」、どう違う?どっちがお得?

「車を下取ってもらう」と「車を買い取ってもらう」、どちらも車を手放すって事ですが、ちょっと意味が違います。

ちょっとごっちゃになりやすいこの違い、今回はその違いを調べてみました。
意味が違うのはわかるけど、どちらが得になるのか、どう利用すればいいのか、わかりにくいですよね。
そえぞれの違いと、ポイントを書いてみます。

 

まず『下取り』というのは、『新しい車を購入する際に、販売店に売って、その価格分値引きしてもらう事』ですね。
それに対して『買い取り』というのは、『今乗っている車を買取専門店などに売って、現金を受け取る事』です。

 

下取りの場合、正規ディーラーに下取ってもらう場合は、下取り基本価格表というものを基準にして、車両状態を査定し、ダメージ分減額されて査定金額が出されます。
次の車を販売する事が目的なので、不人気の車種でもある程度の価格で引き取ってくれますが、人気車種だからといって特に高く下取ってくれるという事はあまり期待できません。
下取りの場合、エアロ、ホイール、カーナビなどの付属品は、人気メーカー品でも社外品だとあまり評価されないので、ディーラーに下取りに出すなら、外してオークションで売ったほうが高く売れるでしょう。

 

一方、買い取りの場合は、業者のオークション相場価格を参考に基本買取価格を設定して、車種の人気度、年式、装備などがいいものだと高値がつきます。下取りと違って、社外パーツでもいいものが装備されていると、高評価になります。不人気車種は、条件がある程度揃っていても、人気車種と比較するとかなり買取価格が低くなります。

 

じゃあどちらが得なの?

一般的に、手放す予定の愛車が人気車種なら、下取りに出すより買取業者に売って、下取りなしで新車を買ったほうがプラスになると言われています。
しかし、ディーラーの方でも自社の車なら元々の買取価格を高めに設定している場合もありますし、新車の購入につながるなら高く買取る場合もあり、一概にどちらが得かとは言えないケースが多いです。

 

少しでも高く売りたいなら、まずディーラーで下取り査定をしてもらって、基本価格を知りましょう。その後、買取店に査定してもらうと、その差額が出てくると思います。インターネットの車買取一括査定で複数の買い取り店で買い取り価格を比較してもいいと思います。

 

損をしないため、少しでも高く愛車を売るためには、手間とリサーチが大切ですね!