車を買い取りしてもらう時に必要な書類ってどんなものがいるの?

私ったら車を売ろうと考えてるくせに、いざ車を買い取ってもらう時に必要な書類って、
実際に何々がいるのか全然わかってない事に今更ながら気付きました。
そこで、どんなものがいるのか調べたので、もしかしたらどなたかのお役に立つかもしれないので、ここに書いておきたいと思います。

 

必要書類

車を買う時もいろいろ書類は必要ですが、下取りや買取り、車を手放す時の方が用意しなきゃならない書類が多いんですよね。

ただ、下取り、買い取りをしてくれるお店で用意してくれるものや、いつも車に常備しているような物を多いので、
自分があらためて用意しなきゃならない書類がすごく多いわけではありません。
しかし、市役所等に取りに行かなきゃならない物も多いので、ギリギリにならないように、余裕を持って用意したいですね。

 

車を手放す際に必要な書類はこれ!

 

車種や状態によって、必要な書類が変わってきます。まずは、普通自動車の場合ですね。

 

1.実印(市区町村役場で実印登録してある印鑑)
2.印鑑証明書(発行後三ヶ月以内のものが必要。下取りだと2通必要になる。)
3.自動車検査証【車検証】(現住所、氏名の確認必須。現住所と車検証の住所が違う場合、住民票が必要になります。)
4.自動車税納税証明書(有効期限の確認が必要。納付済みじゃないと車の売却はできない。)
5.自賠責保険証明書(期限がすぎていると車を手放せない。)
6.リサイクル券(自動車リサイクル法に基づくリサイクル料が支払われている事を証明するもの。預託済みの場合。)
7.振込口座(口座番号の控え)

 

ここからはお店で用意してくれる書類。

 

8.譲渡証明書
9.委任状

 

軽自動車

軽自動車の場合、上記の4が軽自動車納税証明書となり、1の実印が認め印でも可となり、

店で用意してくれる書類が、自動車検査証記入申請書になります。

 

その他の物としては、取り扱い説明書、スペアキー、取り外した純正部品等があれば、それもあった方が査定価格アップに繋がる場合が多いので、忘れずに用意しましょう。

 

もし、必要書類が見当たらない場合・・・

注意

車検証、自賠責保険証、納税証明書、どれも大切な書類ですが、万が一紛失してしまったり、見当たらなかった場合でも何とかなります。

車検証は登録した陸運局で再発行可能(有料)、自賠責保険証は保険会社で再発行可能(無料)、納税証明書は都道府県税事務所で無料で再発行してもらえます。

 

紛失がわかった時点で、すみやかに再発行の手続きをしましょう。